読む言葉、書く言葉、伝える言葉

  • KIndleのハイライト機能が、まとめて読める「kindle.amazon.co.jp」が素晴らしい はコメントを受け付けていません。

KIndleのハイライト機能が、まとめて読める「kindle.amazon.co.jp」が素晴らしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6 Plus の 大きな画面(5.5インチ)を持ち歩くようになって、Kindleアプリをよく使うようになりました。4インチのiPhone 5シリーズより、一画面に表示される文字(情報)が多く、Kindleアプリでの読書が楽しいのです。

そんなときに、Kindleアプリでアンダーラインのマークを付けた「ハイライト」だけを、手軽に読みたい!と思ったら、ブラウザー経由でラクチンにハイライトを読む方法がありました。

kindle.amazon.co.jp

ブラウザーでこのURL(kindle.amazon.co.jp)にアクセス1することで、Kindleで読書したときに引いたハイライトの一覧を、楽々読み返すことができます。

紙書籍だと、付箋を貼ったページをめくり、そして、また、めくり、と結構な手間が必要な「読み返したい部分」の一覧が、一瞬でまとめになって表示されます。電子書籍ならではです。素晴らしいです。

この一覧表示は、ブラウザーでアクセスする「Webサービス」で提供されています。なので、デバイスに依存しないのもグッドです。

ハイライトを引く時もどのデバイスでもOKです。iPhoneのKindleアプリでアンダーラインを引いて(ハイライトにして)も、Kindle Paperwhiteでも、Amazonアカウントが同じなので、大丈夫です。

デバイスがどれでも、途中から読書が再開できるし、このハイライトも、デバイスの壁がないのことが、とても嬉しいです。

スタート画面は英語、でも大丈夫

kindle.amazon.co.jp にアクセスすると、初めは”英語”の画面です。あれ?「 co.jp 」なのに?と感じますが、気にせずに「sing in」をクリックします。ログインすれば、こっちの勝利です。

「Your Highlights」をクリックするとOKです。

kindle2

ハイライトされた部分が、一覧で表示され、ラクチンに振り返りできます。ハイライト部分の位置も表示されているで、「前後を読みたい」と感じても、カンタンに直ぐに、Kindleアプリで、目的の場所の文章を開くことが出来ます。

IMG_6283





iPhone 6 Plusでの読書が、ますます楽しくなりました。

読む言葉の楽しみ。

  1. Kindleで設定したハイライトがコピーできる!Kindle.amazon.co.jpはもっと知られていい!! – niwaringo(){blog} → http://blog.niwaringo.com/entry/2013/11/02/222431

Follow me!

The following two tabs change content below.
ものくろ
親指シフトユーザー・無刻印キーボードユーザー、orzレイアウト作者。劇的に人生を変えつつ、みんなを笑顔にするワークショップ「ものくろキャンプ」を日本を駆け巡り開催中。詳しいプロフィールはこちら。

関連記事

follow us in feedly

instagram

Instagram