読む言葉、書く言葉、伝える言葉

  • 忙しいのになんだか達成感が得られないと、頑張っていたけど、間違いだらけの取り組みをしていたことに気づいた一冊 はコメントを受け付けていません。

忙しいのになんだか達成感が得られないと、頑張っていたけど、間違いだらけの取り組みをしていたことに気づいた一冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日はあっという間に過ぎてしまいす。今日も忙しく「やりたいことができなかった」と落ち込んでいた時に出会って、目から鱗が落ちるというか、頭から背びれが落ちるぐらい「おお!」と気づきを得ることができたのが、こちら一冊です。

何がどう勘違いしていたのか、まとめました。漫画ですが、タスク管理に悩みを少しでも感じている時には、参考になるのではと思います。

分かってなかった9つのこと

勘違いだらけの頑張りをやっていました。そりゃ、時間はなくなるし、やりたいことも進まないわけです。それらから、9つの大きな間違いをしていたのがこちらの点です。

  1. 「タスク管理」という言葉を分かってなかった
  2. まず「分類」しようして挫折
  3. 「やりたいこと」とタスクは違う
  4. カレンダーに「書く」のとの違い
  5. ToDOリストとの違い
  6. やる時間帯に意識を
  7. タスクに必要な時間を見積もる
  8. 記録する大切さ
  9. 時間の余裕を見つける

「タスク管理」という言葉を分かってなかった

これに尽きます。

「タスクを管理する = やりたいことを管理する」と思っていました。

スタート時点で大間違いでした。いきなり食い違っているので、成果も生まれないわけです。

まず「分類」しようして挫折

やりたいことを管理すると、大きな勘違いをしているために「気になるタスク・やりたいこと・やりたくないけど進めないといけないこと」を集める時に、まず「分類」していました。

「やりたくないこと」の山を見つけては、「ああ、、涙、タスク管理する意味があるのか?」と自問自答してしまって、そこで挫折していました。

分類をせずに、集めるのが肝心要なのに。

「やりたいこと」とタスクは違う

これを一緒と勘違いしていたことは上で告白しました。

そう、やりたいことをやるために「済ませるべきコト」がタスク管理を行うには必要です。「済ませる」ことは「やる」こととは違い、「やらないと決める」ことが大切ということを知りませんでした。

カレンダーに「書く」のとの違い

大切な「予定」をカレンダーに書いて、タスク管理していると勘違いしていました。予定を管理して、タスクを管理している気分になっていました。本当は、大切な予定を「円滑」に行える段取り作業・済ませておく日々の作業をスムースに済ませるのが大切なんだと気づけました。

勘違いしているから、いままでは「大切な予定」が入ると、蜂の巣をつついたような大騒ぎでした。時間はみんな平等に24時間しかないのに、どんちゃん騒ぎですから、無理やりなんとか繕っていました。

TO DOリストとの違い

TO DO リストを書いていれば、なんとかなると幻想を持っていました。 TO DO を書き出すと、ドンドン増えます。そのたくさんの TO DO を「どのタイミングで」やるか?ということを考えずに、どんどんリストに書いてなんとかしていました。

増殖する項目、減らない完了 TO DOリストです。

減らないのはツラく、管理しているのに、とため息でした。実際は、書き出しただけで、時間軸という「有限な器」に、どうやって入れるのか?を進めないといけないのですが、それを分かっていませんでした。

やる時間帯に意識を

済ます時間帯は気分でやっていました。それではうまくできないのに、気分で決めた方が、やる気が出ると自己中心的な言い訳をしていました。

タスクに必要な時間を見積もる

やってみないと必要な時間はわからない。

こんな言い訳も言い続けていました。わからなくても「これぐらいの時間」が必要だと、見積もりすることが大切です。見積もりしていなかった場合「作業時間」を評価できず、いつまでたっても、やってみないとわからないを繰り返すばかりなのに。

記録する大切さ

自分の時間の使い方は忙しいから、記録するより、ドンドン進めたほうがいい。

今となっては無茶苦茶な理論でした。記録しないと「忙しい」と感じていることを、まず可視化できないのに。

ログは大切と痛感しています。

watch_01

時間の余裕を見つける

やりたいことを行えるように、どんどん頑張れば、やりたいことができる時間にたどり着くことができると、錯覚していました。

でも、このやり方だと、何時になっても「やりたいこと」はできないことを学び、やりたいことをできる時間を1日の中から「こじ開けて」造るためには、どんな方法でタスク管理をやればいいのか?豊富な実例を知れた一冊です。Kindle版だけでなく、紙書籍バージョンもあります。

参考エントリー

Follow me!

The following two tabs change content below.
ものくろ
親指シフトユーザー・無刻印キーボードユーザー、orzレイアウト作者。劇的に人生を変えつつ、みんなを笑顔にするワークショップ「ものくろキャンプ」を日本を駆け巡り開催中。詳しいプロフィールはこちら。

関連記事

follow us in feedly

instagram

Instagram